ふくらはぎを細くする方法!

ふくらはぎを細くするには

ふくらはぎ痩せは、足痩せの中でも一番簡単だと言われています。
なぜならとても鍛えやすい筋肉が備わっているからです。
余分な脂肪が付いてしまった場合でも、効果的なトレーニングを取り入れることによって、徐々に細くしていくことができるでしょう。
一番手っとり早いのは、歩くことです。
実はふくらはぎの場合は、毎日ゆっくりと歩くだけでも筋肉が刺激されることから、自然と痩せることができるといわれています。
筋肉が付き始めると脂肪が燃焼しやすくなりますので引き締まったふくらはぎを手に入れることができるでしょう。
その他のエクササイズとしては、かかとの上げ下げ運動があります。
両足同時に行うこともできますし、より負担を掛けたいのであれば片足ずつ行うと効果的です。
1セットにつき20回程度で構いませんので、ゆっくりと上下させることをおすすめします。
それから、足首を回すだけでもふくらはぎを細くすることは可能です。
その際はただ単にぐるぐると回すのではなくて、片方の手で足首を持ちもう片方の手でつま先を持つようにします。
この状態でゆっくりと足首を回していくのです。
そうすることによって血行が促進されていきますので、1セットあたり30回は行うようにしましょう。
この運動に関しては、椅子に座って行った方がやりやすいといえます。
場所を選ばず取り入れることができますので、毎日欠かさず行うようにしたいものです。

 

またふくらはぎはセルライトのできやすい部分でもあります。
エクササイズで解消できない場合はエステやむくみ解消サプリがおすすめです。

ふくらはぎ太りの原因

ふくらはぎが太くなるには、必ず原因があります。
その原因を把握することによって、効果的な改善方法がみつかるのです。
例えば、元々ふくらはぎに筋肉が付いている場合、エクササイズをすることでより太くなってしまうことがあるでしょう。
このようなときはエクササイズばかりを取り入れるのではなくて、一旦脂肪化させてから有酸素運動を取り入れることが引き締めの第一歩となるのです。
それから、食生活の乱れが原因でふくらはぎが太くなっているのであれば、脂質や糖分、塩分を取り過ぎていないか見直す必要が出てくるでしょう。
この場合、食生活の改善を続けていくことによって、特にエクササイズをしなくても細くしてくことが可能となります。
また、水分を摂取すると身体を細くすることができるという話がありますが、水太りを招いてしまうことから鵜呑みにしてはいけません。
特に冷え性である場合は、脂肪が冷えてふくらはぎの脂肪が固まってしまうことからセルライトが出来やすくなります。
その結果、ふくらはぎが太くなってしまいますので、適量の水分を摂取する必要があるでしょう。
特にO脚の人は足が内側に入ってしまっていますので、水分調整する他にも適切な方法でふくらはぎのエクササイズを取り入れないと、余計太くなってしまうことがあります。
この他にも、ふくらはぎが太くなる原因は多数存在しますが、今一度自分の体質を見直すことによってふくらはぎが太くなっている原因を究明することが出来るはずです。

メニュー